cost

介護施設の水道料金削減事例

スポンサーリンク

介護施設の水道料金は、固定費の中でも大きなウェイトを占めています。

水道料金の削減方法については、以下の記事で詳しく紹介していますので、チェックしてください。

介護施設の水道代を大幅に削減する方法まとめ

介護施設の経費の中でも、水道代、ガス代、電気代、地代家賃などの固定費はとても大きなウェイトを占めます。 基本的に特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、グループホーム・・・どの種別の介護施設であっ ...

続きを見る

こちらの記事では、実際にライブエッジ株式会社で取り扱った事例の中で、水道料金契約見直しで削減につながった事例についてご紹介します。

介護施設の水道料金削減方法について

介護施設の水道料金の削減方法については、

  • 節水コマを導入して、物理的に削減する方法
  • 水道料金契約を見直すことで根本的に削減する方法

があります。

(方法については、以下の記事でご紹介していますので、チェックしてください)

介護施設の水道代を大幅に削減する方法まとめ

介護施設の経費の中でも、水道代、ガス代、電気代、地代家賃などの固定費はとても大きなウェイトを占めます。 基本的に特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、グループホーム・・・どの種別の介護施設であっ ...

続きを見る

こちらの記事では、水道料金契約を見直すことで根本的に削減する方法、にて実際に削減できた事例を紹介します。

水道料金削減事例1:サービス付き高齢者向け住宅(大阪府)

水道料金削減事例1は、大阪府にある有料老人ホーム様の事例です。

こちらは大阪府を中心に、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、障がい者福祉事業など複数事業を展開している法人様です。

そして実は過去にはすでに水道料金契約の見直しを行っておられました。

ただ私どものヒアリングによって、その時にはエリア外のため水道料金契約見直しの実施が出来なかった施設の中に、今回見直しの余地がある施設を見つけることができたため、水道料金見直し交渉に入ることとなりました。

対象施設

今回の対象施設は、45室のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)です。

契約種別は「一般契約」で、呼び径は30mm。

年間水道使用量は約6,000㎥で、およそ300万円の水道料金が発生していました。

上述の通り、今までは対象外だったエリアにありましたが、新たにそのエリアが対象になっていたので、まずは水道料金契約の見直し(適正化)シミュレーションを実施しました。(ちなみにシミュレーションは無料です!お気軽にどうぞ)

その結果、

年間水道料金 約3,000,000円 → 約1,130,000円

と、実に62%もの削減が見込めるという結果が出ました。

金額にしておよそ1,870,000円もの削減です!

社長様も総務様も大喜びで、すぐに本格的な水道局との交渉のための業務委託契約を締結されました。

このような事例は特に珍しくもございません。

エリアと業態があっていれば、驚くほどの削減が見込めるのがこちらのスキームです。

ぜひライブエッジ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

-cost

© 2021 介護経営コンシェルジュ Powered by AFFINGER5